スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
沖縄TOUR


約一ヶ月間沖縄に行ってきました。
ゆくりのツアーを一緒に回り、多くの人と出会い別れたくさんの経験をしました。
たくさんの自然に触れ色んな力を吸収できました。
長い期間だったので写真を載せておきます。
IMG_0023_convert_20080623133002.jpg

名護市の山奥にあるオーシッタイ村。しゃしくまーるというカフェがあってそこで少し居候していました。
去年から付き合いがあって、ここの蜜蝋を分けてもらってキャンドルの混ぜています。
IMG_0035_convert_20080623133109.jpg

さし草です。どこにでもある雑草ですがとてもきれいな花がさきます。
IMG_0063_convert_20080623133205.jpg

夕食時にキャンドルを灯してみんなでご飯を食べました。
IMG_0124_convert_20080623133255.jpg

この日は月がきれいでした。
IMG_0201_convert_20080623133416.jpg

宜野湾市まで南下してゆくりと合流。ラーメン屋まるよしでライブ。
IMG_0242_convert_20080623134056.jpg

そしてその夜にカフェでライブ。お客さんはほとんど外人さんでした。
IMG_0397_convert_20080623134223.jpg

岩に隠れるカニ。
IMG_0416_convert_20080623134415.jpg

ガジュマル。
IMG_0451_convert_20080623134523.jpg

道の駅で出会ったママチャリで日本一周しているこらと自炊して最北端でキャンドルをともしました。
IMG_0504_convert_20080623134718.jpg

IMG_0509_convert_20080623134850.jpg

去年も訪れたあすもりがま。すばらしい陶芸家で畑もいいかんじです。金剛石林山の麓にあります。
IMG_0728_convert_20080623154910.jpg

ビーチロックビレッジにあるツリーハウス。馬やヤギ、自然にあふれたすてきなところでした。
IMG_0756_convert_20080623155036.jpg

IMG_0559_convert_20080623134958.jpg

ここでライブ。天気ももってくれたし蛍なんかもとんでたしいいかんじでした。
IMG_0818_convert_20080623135103.jpg

ゆくりの沖縄ラストライブ。素敵な出会いと良い時間をありがとう。
IMG_0904_convert_20080623135211.jpg

後半はパーティーみたく踊りみだれてました。
IMG_0985_convert_20080623155301.jpg

ダイゴロウ君。
IMG_1005_convert_20080623135320.jpg

DEEが創ったアクセサリー。ナチュラルでとてもセンスがいいです。珊瑚のネックレスをかいました。
IMG_1062_convert_20080623135747.jpg

さおりが遊びにきてくれたので一緒に色んなところに行きました。特大ガジュマル
IMG_1083_convert_20080623135915.jpg

ちゅらうみ水族館。
IMG_1287_convert_20080623140338.jpg

IMG_1377_convert_20080623140517.jpg

IMG_1402_convert_20080623140624.jpg

まだまだ写真もたくさんあるんですが多すぎるのでこのぐらいにしておきます。
今回とても良い出会いがたくさんありました。太陽君、なおちゃん、マイト、キヨ君、DEE、マヤ、ダイゴロウ、りょうちゃん、はなちゃん、ななちゃん、サム、ジョナサン、さだくん、まさこさん、アルファ、常磐ともさん、ともちゃん、さきちゃん、さおりそしてゆくりのメンバーと出会ったたくさんの人たちにありがとう。




スポンサーサイト



2008⁄06⁄23(Mon) 16:57   デコレーション | Comment(0) | Trackback(0) | ↑Top

| HOME |

プロフィール

s.shusuke

Author:s.shusuke
昭和59年 3月17日生まれ
2007年11月11日、岐阜県八百津にある[なんや]で行われたあったか祭り。
鋭く冷えたこの日は澄んだ世界で遠い星空、駐車場からなんやまで500mあっただろうか、光の届かないその道を照らすのは竹に穴をあけて作ったシェードにキャンドルを灯したものだった。
次の日からキャンドルを作りたいと思い毎日ろうを溶かした。
手入れをしないと煤をはく僕の作るキャンドルには取り戻したい感覚がたくさん詰まっていて、たくさんの可能性を感じた。
以後デコレーションと制作、遊びを繰り返す。

最近のトラックバック

ブログ内検索

↑Top



Copyright © 2008 Tomoshibi Waxxy. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige & BLAN NOIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。